【セブンナイツ】貫通ってなに?貫通持ちキャラは誰?

クリス

セブンナイツの戦闘中に出てくる『貫通』の文字。

初心者の頃は、『貫通』の文字が出ると、敵を倒してることが多いので、

「強力な攻撃なんだろうなぁ。」

くらいにしか思わなかったかもしれませんが、敵が強力になってくると、逆に、『貫通』攻撃で倒されることも。

いったい、この『貫通』ってどんな効果があるんでしょう?

今回は、
セブンナイツの戦闘中に登場する『貫通』についてまとめてみました。

スポンサーリンク



貫通とは?

セブンナイツ内での『貫通』とは、

防御力無視でダメージを与える攻撃

です。

これだけだと、なんかすごそうだけど、意味はわからないですよね。

攻撃でよく出てくる『クリティカルヒット』と比較すると、わかりやすいかもしれません。

クリティカルヒットとの比較

クリティカルヒット・貫通とも

通常の攻撃力より大きなダメージを与える

点は同じです。

違いは、

ダメージ免疫キャラに効くか効かないかです。

クリティカルヒット

  • ダメージ免疫バフを使われると、与えるダメージが減少する

貫通

  • ダメージ免疫バフを無視してダメージを与える

クリティカルヒットは、敵が、ダメージ免疫スキルを使ってきたとき、防御力アップの影響を受けて、与えるダメージが減少、もしくは、無効化されてしまいます。

一方、
貫通は、ダメージ免疫バフを無視してダメージを与えられます。

『貫通』のほうが、よりダメージを与えることができるスキルになります。

ちなみに、
『防御力無視』単体では、キャラの防御力は無視しますが、防御スキルの影響を受けるので、ダメージはその分下がります。

『貫通』の種類

『貫通』には2種類あります。

  • 物理攻撃貫通
  • 魔法攻撃貫通

です。
今のところ、
物理攻撃貫通を持ってるキャラが多いので、今後、魔法攻撃貫通を持つキャラが増えるかもしれません。

貫通持ちキャラ

物理貫通

テオ・・・敵全体に105%ダメージ・1体減るごとに20%上昇

エース・・・敵単体400%ダメージ・敵全体105%ダメージ

呂布・・・敵3体に160%ダメージ

ダンテ・・・敵全体に90%ダメージ

トリッシュ・・・敵4体100%ダメージ

ディアンヌ・・・敵3体160%ダメージ

ココノエ・・・敵3体140%ダメージ

ソル・・・敵3体160%ダメージ

黒崎一護・・・敵4体110%ダメージ

ラグナ・・・敵全体90%ダメージ

ジェイブ・・・敵全体110%ダメージ

デロンズ・・・敵1体125%ダメージを2回

クリス・・・敵1体280%ダメージ

アラゴン・・・敵3体180%ダメージ

ルリ・・・敵4体100%ダメージ

メイ・・・敵1体230%ダメージ

ブラックローズ・・・敵4体95%ダメージ

誠龍・・・敵全体90%ダメージ

魔法攻撃貫通キャラ

リン・・・敵全体105%ダメージ

孫悟空・・・敵3体180%ダメージ

カルマ・・・敵全体110%ダメージ

メリオダス・・・敵4体110%ダメージ

まとめ

今回は、
セブンナイツの戦闘で出てくる、『貫通』についてまとめてみました。

貫通持ちキャラもまとめてみましたので、参考にしてみて下さい。

しかし、
魔法攻撃貫通持ちは、
【四皇・旧四皇・コラボ】キャラしかいません^_^;

物理攻撃貫通キャラも
【四皇・旧四皇・コラボ】ばかりで、
通常キャラは、

  • アラゴン
  • ルリ
  • メイ
  • ブラックローズ
  • 誠龍

の5体しか今のところいません。

貫通持ちキャラを見ると、『貫通』スキルが、いかに強力かがわかります。

パーティ編成の参考にしてみて下さい♪

『貫通』の対策について知りたい人は、

【セブンナイツ】貫通対策は何をすればいい?

も見てみて下さい。

おまけ

セブンナイツって序盤は、サクサク進むんで楽しいですよね♪

でも、アリーナに挑戦したら、あっという間に負けちゃうことありません?

コッチは、セブンナイツ1体で満足してたら、相手は、四皇・旧四皇がいて、コラボキャラなんか完凸してるしで、ボコボコにされて終わり・・・。

くやしいですが、手も足も出ません。

コッチもガチャを引きまくってレアキャラをゲットすれば、やられっぱなしになることもないのに!!

でも、なかなかルビーはたまらないし、課金するお金もないし・・・。

そんな無課金プレーヤーにとっておきの方法が!!

お金を使わなくてもルビーが手に入る裏ワザがあります!

私もやっている裏ワザで、アリーナランクを駆け上がり、冒険エリアも完クリ目指しませんか?

ぜひ1度ご覧ください♪

無料で四皇を手に入れる方法コマ

【無料でルビーを手に入れる方法はコチラ】

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする