【セブンナイツ】ストリートファイターコラボのかりんは攻城戦で使える?

かりん全身

ストリートファイターとのコラボを開催しているセブンナイツ。

今回は、5人いるコラボキャラのうち、かりんについて、まとめてみました。

かりんは、特に攻城戦のセブンナイツに強いスキルを持っています。

かりんは、攻城戦でどの程度の戦力になるか?

実際に試した感想についても、まとめています。

かりんは、ストリートファイターコラボキャラはとして優秀なんでしょうか?

あと、ストリートファイターとのコラボイベント内容などは、

【ストリートファイターVコラボイベント内容】

【ストリートファイターVコラボ装備はおすすめ?】

【スト5コラボ衣装はおすすめ?】

に、まとめていますので、そちらをご覧ください。

かりん

かりん全身

属性

万能型

スキル

無尽蔵 (クールタイム:85秒)

敵3人 攻撃力140%物理ダメージ
ダメージ量50%上昇 2ターン

霸道六式 霸者之型 (クールタイム:60秒)

敵4人 攻撃力120%物理ダメージ
2ターンバフ減少
攻城戦セブンナイツ 8000固定ダメージ

神月流紅蓮の型 (持続スキル)

自分に5人攻撃免疫 4ターン
味方全員 感電・沈黙免疫 4ターン

ステータス

レベル40時

  • HP:3344
  • 攻撃力:1327
  • 防御力:777
  • 敏捷性:17

CV:遠藤 綾

戦闘の感想

攻城戦の感想

ストリートファイターコラボキャラのかりんは、攻城戦のセブンナイツに特化したスキル『霸道六式 霸者之型』を持っています。

なので、
まず、攻城戦で、かりんを試してみました。

攻城戦でかりんを試した感想は、

そこそこ強い

です。

なんといっても、攻城戦のセブンナイツに対する8000固定ダメージは強力です。

パスカルと比べると

ただ、攻城戦に強いパスカルと比べると、

  • パスカル・・・セブンナイツに400%ダメージ

を与えることができます。

パスカルとかりんのレベルが低いうちは、固定ダメージのかりんのほうが、攻撃性能は高いですが、レベルが上がってくると、パスカルの攻撃力のほうが、けた違いになってきます。

免疫ターンが短い

かりんは、感電と沈黙の免疫を持っているので、貴重な免疫キャラになります。

ただ、免疫ターンが4ターンと短いので、長期戦になる攻城戦では、効果が短すぎます。

攻城戦では、

  • 感電・・・アイリーン
  • 沈黙・・・デロンズ

と、状態異常攻撃してくるキャラは分かれていますので、それぞれ、6ターンの免疫持ちキャラを編成したほうが、高得点を狙えます。

スポンサーリンク



アリーナの感想

かりんをアリーナで使った感想は、

役に立たない

です。

スキルを見れば、わかりますが、攻撃性能も低く、免疫も限定されているので、アリーナでは、活躍の場がありません。

かりんをアリーナで使うのは、かなりキビシイです。

その他の戦闘

  • 冒険エリア
  • レイド

など、他の戦闘では、

冒険エリアは免疫キャラとして

活躍の場があります。

レイド戦では、

活躍の場はない

です。

おすすめ度

ストリートファイターコラボキャラ、かりんのおすすめ度は、5点満点中、

☆☆☆★★

です。

攻城戦に特化したスキルを持っていますが、パスカルには劣ります。

その他のバトルにも応用が効きにくいです。

ただ、感電・沈黙と、2つの免疫を持っているのは、貴重なので、いつかは、活躍の場があるかもしれません。

かりんを手に入れるために、限定コラボガチャを、むやみに回す必要はありません。

まとめ

今回は、ストリートファイターコラボキャラのカリンを使ってみた感想をまとめてみました。

攻城戦のセブンナイツに対して、8000固定ダメージは大きいですが、パスカルのほうが、レベルが上がるにつれ、攻撃力も上がるので、
使いやすいです。

パスカルは、一般キャラなので、これからも手に入りますし。

ただ、感電・沈黙の免疫は貴重なので、売却せず、しばらく取っておきましょう。

ストリートファイターその他のコラボキャラは

【ストリートファイターコラボのリュウ】

【ストリートファイターコラボの春麗】

【ストリートファイターコラボの豪鬼】

【ストリートファイターコラボのネカリ】

をご覧ください。

無料でルビーを手に入れる方法

「ガチャ回してレアキャラがほしい!!でも、ルビーがない・・・。」

って時は、いい方法があります。

自分のお金を使わず、ルビーを手に入れる方法です♪

私もこの方法で、ガチャを回してます♪

無料で四皇を手に入れる方法コマ

【無料でルビーを手に入れる方法はコチラ】

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする